忙しい朝でも!メイク持ち激変の「待機時間」と時間有効活用法3つ

スキンケアの効果あげ、メイク持ちを高めるには

・洗顔をしてから化粧水をつけるまで
・化粧水をつけてから乳液をつけるまで
・乳液をつけてからメイクを始めるまで
・化粧下地やファンデーションをつけてからお粉をのせるまで

の各工程ごとに2~3分ほど時間を空けることがのぞましいと言われています。
しかし、朝ってそんなに時間がない!!
合計約10分も無駄にできない!と、待つことをやめてスピーディーにメイクをしている方が多いのでは?
この時間を有効活用することで、朝の時間を無駄にせず、メイク持ちも高めましょ♪

各工程ごとに「待機」する理由

まず、最初に浮かぶ疑問ですよね。これから解説します。

洗顔後すぐに化粧水をつけることが習慣になると

お肌が自ら潤おうとする力が衰退します。
子供の頃って、スキンケアをした記憶がないですよね?人間は本来、自分で潤わせる能力を持っています。

化粧水は、年齢とともに衰えたその力を補うために使うものであり、さらに衰えさせてしまっては本末転倒です。

shutterstock_45350734

化粧水後すぐに乳液をつけると

肌の上で化粧水と乳液が混ざってしまい、効果が薄くなってしまいます。
美容液やクリームなども同じです。
個々の能力を活かすためにも、2~3分ほど時間を置くのが効果的です。

shutterstock_35078605

スキンケア後すぐに化粧下地をつけると

こちらも混ざってしまい、下地本来の効果が発揮できなくなってしまいます。
下地は、ファンデーションとお肌の密着度を高めるのに必要不可欠。
つまり、ここで待機をしないと、密着度が弱まり、メイク崩れを引き起こす原因に。
また、化粧下地後すぐにリキッド・クリームファンデーションをつけるのも同じです。
なんだか伸びが悪いと感じるときは、時間を置き足りないのかもしれません。

shutterstock_52888402

下地・もしくはリキッドファンデーションのあとすぐにパウダーファンデーションンやルースパウダーをつけると

表面が乾いていない状態ではベタつきが残っているため、ムラになったり必要以上につけ過ぎてしまったりします。
なんとなく、ベタベタが残っていると、髪がはりついたりチークがうまくのらなかったりするのが嫌だからと、パウダーをたくさんのせたくなってしまいますが、これが厚塗りになり、メイク崩れの原因に!!
さらに、乾いていないことが原因で、ベースメイクそのものがムラになってしまいかねません。

shutterstock_173363312

「待機」時間の活用法

時間を置くべきなことはよくわかりましたね。
でも、朝の1分って、日中の1時間くらいやることがいっぱい!!
それぞれ2~3分なんて待機している時間はない!!
と思いますよね?
その待機時間を有効に使う、朝のスケジューリング、教えます。

①スキンケアの「待機」中に歯磨きを

朝起きたらまず目を覚ます意味を込めて洗顔を。
その後、洗顔後や化粧水、乳液後の2~3分の間に歯磨きをしましょう。
歯磨きの理想時間は約15分と言われています。
空いた時間を有効活用すれば一石二鳥!

shutterstock_237513247

②ベースメイクの「待機」中part1~ヘアセット~

下地のあと及びリキッドファンデーションのあとにもやってくる待機の時間。
このタイミングで、髪の下準備をしましょう。
仕事の日の髪型は清潔感のあるアップスタイルですか?それともゆるく巻くのでしょうか?
ブローでも寝癖直し程度でもブロッキングしておくのでも、なんでもOK!
この時間内で、できることをすれば良いのです。

shutterstock_64608919

③ベースメイクの「待機」中part2~着替え~

メイク中はどうしても前髪をあげるターバンをしたい。髪を1つに束ねておきたい。という方は、ヘアセットをするのは難しいですよね。
そういった場合は着替えを行ってください。
2~3分が2回もやってきます。全身着替えて靴まで用意することが可能です。

shutterstock_236639245

ほんの数分時間を置くだけで、メイクの仕上がりもモチも格段にレベルアップします。
「待機」時間を無駄にせず、時間を有効活用すれば、ギリギリまで寝ていたい方でも大丈夫ですよ♪

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more