教えて!チークのタイプ別使い分け

パウダー・クリーム・リキッド・クッションとチークは今、いろいろなタイプが出ています。
いったいどのチークが便利なの?どんな時に?どんな人に向いてるの?
その疑問にお答えします!

パウダーチーク



出典:@cosmeより

最もポピュラーなタイプがこれ!
色の濃淡の調節、狙った位置に入れるなど、すべてが最も簡単です。
メイクを短時間で仕上げたい!手が汚れたくない!あまりメイクが得意でない!という方はこちらをチョイスしましょう。

●塗るアイテム:大き目のブラシ
●使う順番:下地・ファンデーション・パウダーが終わったあと
●おすすめの肌質:普通肌~脂性肌
●発色:つける量で調整可能
●モチ:ベースメイクがきちんとしていないとムラや化粧崩れを起こす
●仕上がり:ふんわり/軽い

クリームチーク



出典:@cosmeより

近年定番化している、練りタイプのチークがこれ!
そのままはもちろん、パウダーチークの下地として仕込むと色持ちがアップすると人気です。
チークが崩れやすい方や、すっぴん風メイクに挑戦したい方、指でメイクする派の方はこちらが便利です。

●塗るアイテム:指
●使う順番:リキッドファンデーションとルースパウダーの間、あるいは下地とパウダーファンデーションの間
●おすすめの肌質:乾燥肌~ふつう肌
●発色:つける量で調整可能
●モチ:密着度が高く、パウダータイプのチークを重ねるとより長持ち
●仕上がり:じんわり/ナチュラル

リキッドチーク



出典:@cosmeより

いっけん難しく思われがちだけど、慣れてしまうと病みつきになるのがこれ!
色持ちの良さも人気の秘密です。
夏場、化粧崩れが気になる方や、チーク落ちが気になる方に取り入れてもらいたいコスメです。

●塗るアイテム:指
●使う順番:リキッドファンデーションとルースパウダーの間、あるいは下地とパウダーファンデーションの間
●おすすめの肌質:乾燥肌~ふつう肌
●発色:良い
●モチ:色持ちが良いので、チークが落ちやすい人にオススメ
●仕上がり:ツヤ/血色感

クッションチーク



出典:@cosmeより

2016年、話題を集めている新感覚のチークがこれ!
パウダータイプとクリーム・リキッドタイプの良いとこ取りなんです。
パウダータイプだと乾燥や崩れが気になる!だけど手が汚れるのは嫌だしメイクに手間をかけたくない!という方はぜひ取り入れてみて!

●塗るアイテム:専用のパフ
●使う順番:お粉いらずのリキッド・クリームタイプのファンデーションやクッションファンデーションのあとに、ルースパウダーなしで
●おすすめの肌質:乾燥肌~ふつう肌
●発色:薄付き
●モチ:密着度が高いため、比較的崩れにくい
●仕上がり:みずみずしい/ピュア感

main2
出典:shuuemur公式サイトより

GODMake.編集部

GODMake.編集部厳選のBEAUTY NEWS、人気モデルによるトレンドメイク、NEW COSME情報、有名人メイク解説、自分に合う美容法など「絶対キレイになれる!」旬でプレミアムなビューティ記事

記事を検索する

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more