黒や紺などの締め色浴衣に合う パープルメイク

2016.SS

中村愛海

モデル:濱田あおい

締め色浴衣を着る時のメイクに困る...って時にオススメなのが、大人の色気を演出してくれるパープル!
眉毛と目尻にパープルカラーを仕込むことで、浴衣の柄を邪魔せずに大人の眼差しで普段メイクとのギャップを見せることができちゃいますよ。

POINTポイント

  • Point1

    ここから再生

    眉は薄いところをペンシルで埋めていく。

  • Point2

    ここから再生

    パープルのマスカラを眉マスカラとして使用。
    色が濃いので、余分な液をティッシュオフしておくのがポイント。

  • Point3

    ここから再生

    ベースとして、明るめのアイカラーをアイホールに塗る。

  • Point4

    ここから再生

    パープルのラインを、目尻に引く。
    目を開けた時に少しツリ目になるように、軽くハネあげるように。

  • Point5

    ここから再生

    何も付いていないブラシでラインをぼかす。

  • Point6

    ここから再生

    パープルラインがポイントになっているので、
    まつ毛は、細く、長くなるようにロングマスカラを塗って控えめに。

  • Point7

    ここから再生

    肌馴染みの良いチークを横にうすくのせて大人っぽい顔立ちに。

  • Point8

    ここから再生

    phや水分量で色が変わるリップグロスを塗ってツヤを出す。

  • Point9

    ここから再生

    最後に、ピンクベージュを目頭にのせて目元を明るく見せる。

  • After

  • Before

PRESS RANKING本日の記事ランキング

more